賢く借りたい|旅行には海外プリペイドカードを持っていこう|新しいタイプのカード
お金

旅行には海外プリペイドカードを持っていこう|新しいタイプのカード

賢く借りたい

お金

借りられる場所とは

お金を借りる場所には家族、親族、友人、知人などの他に貸金業者や金融機関から借りるという方法もあります。ただ、個人間でのお金の貸し借りはトラブルに繋がる可能性もあるのであまりお勧めされず、一般的には貸金業者や金融機関から借りた方がいいとされています。業者から借りるには金額にもよりますが、ちょっとした金額なら貸金業者のキャッシングがいいでしょう。無担保、無保証で借りることができるので、万が一返済ができなくなっても返済責任が家族に発生することはありませんし、自分の責任で解決することができます。キャッシング会社もたくさんあるので、借りれ額、金利、審査基準、利便性などから総合的に自分に適した商品を選びましょう。

低金利商品を見つける

お金を借りる時に重要なのは金利です。返済の負担と言えば利息で、金利が利息になるので低金利で借りられるほど利息の負担を減らせます。金利は法律によって最大で年利20%まで、これを超える利率での貸付はありません。キャッシング各社の平均金利を見てみると18%前後なので、年利18%程度なら低い方と言えるでしょう。ただ、金利の低さは審査の厳しさにもつながるので、審査条件が厳しい人は低金利融資は期待できません。そこで、返済を工夫してみましょう。利息は金利で決定しますが、その他に借入残高や借入日数によっても変わります。そのため、早めの返済を心がけていくことで高めの金利でも利息負担を感じないでお金を返していけます。