実質年率を確かめて借りる|旅行には海外プリペイドカードを持っていこう|新しいタイプのカード
お金

旅行には海外プリペイドカードを持っていこう|新しいタイプのカード

実質年率を確かめて借りる

女性

ローンの年率は低いほど得

多目的ローンという性質上、キャッシングの金利は目的ローンよりも高めに設定されています。実質年率という金利が導入されており、年率18.0%以下で融資する金融機関が主流ですが、よく比較すると随分と利率に差があることがわかります。銀行キャッシングは総量規制の対象外ですが、それ以上に低金利で借入できるメリットが大きいのです。メガバンクやネットバンクだと上限利率を15.0%未満に設定しているところもあり、消費者金融よりもかなりお得です。目的ローンと比較してキャッシングから借入できる金額は少なく、100万円も借りれば十分に高額と言えますが、実質年率が高いので利息も比例的に増えてしまいます。完済までに支払う利息を抑えるためにも、何より低利率にこだわりましょう。

少なく借りる工夫をしよう

金融機関と金利交渉をしても、下げてくれる可能性は小さいため、あまり期待しないほうが無難です。交渉よりも重視するべきは、なるべく多くのキャッシング比較をして低金利のローンを見つけることです。低金利ローンから優先的に申し込みするようにしますが、審査に通過するためのコツも実践しましょう。審査に最も影響するのは希望額であるため、ここを極力抑えていく工夫が必要なのです。20万円よりも10万円、さらに5万円と少なくなるほど借入できる可能性は高くなります。審査に通過して契約さえすれば、今後の利用状況によっては限度額を増額してもらえる可能性は十分にあります。キャッシングをお得に利用するには、高額を借りることよりも、低金利で借りることに重点を置いてみましょう。